会社概要

DITO(DITO System偽造防止・トレーサビリティマルチチェーンエコシステムは日本DITO株式会社に設立され、そのチームにより、独自で研究開発した、全世界で初めてブロックチェーン技術に基づき、多業界・マルチチェーンによりチェーン間トレーサビリティと偽造防止システムであり、ブロックチェーンの信頼可能なネットワーク構造の情報の透明さ、協力の高効率、バリューの高速伝送を実現するマルチチェーントレーサビリティバリュー情報エコ環境を築くことを目指しいています。プロジェクトのメンバーは世界各地からのエリートからなって、長期にわたる努力により、現在まで基本的なアプリケーションモデルはほぼ開発できています。2018年3月にネットワーク動作をテスト、4月に初めての偽造防止APPアプリケーションを企業での応用を実現すると計画しています。。

このシステムは認証ノードのマルチチェーンモードを採用し、ブロックチェーンデータの改ざん不可、データ共有、ポイントツーポイント伝送などの技術的特徴を利用して、ユーザーを斬新な方式で偽造防止・トレーサビリティシステムに入れています。またブロックチェーンで改ざんできないトレーサビリティ情報を記録し、完全なブトレーサビリティチェーンで有効に偽造防止できており、偽造防止コストが既存の偽造防止システムより安価です。また業界のサプライチェーンにより、企業又は業界に対してサイドチェーンシステムを配置しており、マルチチェーンエコシステムでマルチチェーンの共通化、資産の共通化とコミュニティーの共通化を実現しています。生産企業現場、倉庫保管、認証機構、付加価値を付けて加工する企業、販売企業、物流企業などの情報はスマートコードスキャンハードウェアのカスタマイズ開発により、リアルタイムなコチェーンを実現し、情報とバリューを共有するチェーンを構築しています。このシステムは技術上従来のトレーサビリティ・偽造防止システムの不透明、データ改ざんコストが低い、安全性が悪い、比較的に閉鎖しているなどのデメリットと欠点に対応し、斬新な多業界エコシステムを作ることっで、全世界で多分野で使用できる特性を持っており、成長する潜在力を持っています。