技術チーム

露木芳通(Tsuyuki Yoshimichi) CEO ユタ大学(米国)を卒業し、SUMEETグループの副社長であり、さまざまな業界の事業開発、株式プライベートプレースメントと合弁事業の運営を担当した経験があります。紹興市政府の市場アドバイザー。OSTAR科技会社の創業者。深セン前海(医薬)投資管理会社の取締役の一員。SIDEFXPRODUCTION(音楽・エンターテイメント会社)の副社長。METIプロジェクトに参加し、セキュリティスマート都市の市場戦略師とNTT及びKDDIの新しいビジネスマーケティングを担当しました。

Charles 起業者 兼 社長 DITO株式会社の共同創業者 Blockchain Innovation Consortium(ブロックチェーン応用創新協会〈日〉)の発起者兼執行役員。日本タバコグループ全世界ベンチャーキャピタルファンドのアジア太平洋区における責任者。武田製薬〈日〉の戦略アドバイザーとワシントン大学〈米〉の最も若い訪問学者を担当しました。

近都真侑(Kintsu Masayuki) 最高技術責任者 近畿大学医薬工程科目から卒業し、株式会社healthoneの社長で、日本ヤフー株式会社の医療、技術アドバイザー。 東京都第九回青年創新大会一等賞受賞。起業者で、複数年にわたるIT、医療科学分野での起業経験を有しています。

June センサーシステム技術エンジニア マイクロソフト社Dynamics専門家アドバイザー、香港星光グループCIO。ソフトウェアと電子商取引業界に従事して20年間、ITシステム、電子商取引及びインターネットビジネスモードの開発、研究、創新と融合に長けています。何回もインターネット+プラットフォーム、B2B2C電子商システム、ルート及びCRM管理システム、サプライチェーン及び金融システム、偽造防止・トレーサビリティシステムの開発と実施を主導。

Summer 運営副社長  英国の大学から卒業し、十年間高級品の電子商及び海外市場開拓に従事する経験を持っており、海外の商家と連携する経験と資源を有しており、中国人の消費者市場とブランド/ユーザーマーケティング方法に詳しいです

kejia 運営総監  英国WJNe創業会社の投資者として、中英ブロックチェーン研究協会などの機構と長期的に連携し、全世界で連携先ネットワークを構築できています。金融、市場と戦略に関するトップ500社のプロジェクトに参加した経験を有しています多国籍文化に接触した経験があり、外国と連携・取引を行なう際に発生することのある文化的衝突を理解できていますロンドン大学の経済管理学士号と修士号を取得できています。

Shawn アジア区の運営副社長 韓国大田牧園大学 (KOREA MOKWON UNIVERSITY)を卒業し、中韓ゲーム、アニメーション、インターネットなどのビジネスと企画業務に15年以上も従事しています。

Michael 国内運営者  英国のマンチェスター大学(University of Manchester)から卒業し、金融類運営・プロモーション業務に何年も従事しており、具体的に言えば運営・プロモーション、ソリューション企画及びメディアでの広告などに携わっています。豊かなインターネット運営企画経験を持っており、参加した有名な企画プロジェクトは業界で経典的な事例ととなっています。

お問合せ委員会&早期サポーター

粟田翔太(Shota Kurita)  日本立命館大学の修士として卒業しGenkicell 元気チェーンの起業者となっています。 企業級取引先管理とネットワークマーケティング専門者、病院システムのデータストレージ管理分析専門家であり、2013年に立安達株式会社を設立し、中国市場に進出するようになり、2017年に日本楽天社と連携して多国籍医療業務に従事し、共同でJCDA(日本高齢化社会予防医療研究協会)を設立しました。

REO KASAI 元バルセロナクラブ青少年訓練チームのメンバー。現在は日本最大級の創業投資社のIncubateFundの最も若いパートナー。インキュベーター、リスク投資、融資、資本管理などに従事。

金明秋(KIM MINKOO) 早稲田大学商学部から卒業し、元みずほ証券グループ不動産証券化の高級分析者と元ソフトバンクグループ投資部の高級分析者。現在は韓国のブロックチェーン会社のTheLoopのパートナーとIcon国際事業責任者。

浜田光貴(Mitsutaka Hamada)  Pepperdine Univercityから卒業。現在はOpt Ventures株式会社のパートナー。日本最大級のベンチャーキャピタル社の一つ。主に海外会社が日本に進出する戦略コンサルティング、資源の連絡と融資などに努めています。

単青峰 アッシュチェーンの起業者で、学習宝でバックグラウンドアーキテクト、シナ・ウェイボーの検索エンジン研究・開発エンジニア、雲雲網のウェブページ検索エンジン研究・開発エンジニアを相次いで担当し、10年以上もプログラミング経験を有しており、フルスタック開発者、貴陽ブロックチェーン創新研究院シンクタンク専門家の一員でもあり、長期的にマルチチェーンベースレイヤー技術の研究に没頭し、マルチチェーン技術に対して深刻な認識と独特な見解を持っており、国内でマルチチェーン技術の創設者と拡張者となっています。

銭漢濤 アッシュチェーンのCTOで、長期的にマルチチェーンベースレイヤー技術の研究に没頭し、ルチチェーン技術に対して深刻な認識と独特な見解を持っています。

連携先

Opt Ventureは日本最大級のベンチャーキャピタル社です。海外会社と起業会社に対して戦略コンサルティングサービスを提供しています。

IncubateFundは日本で最大級の創業投資会社で、日本国内で最大級のインキュベーターでもあります。投資するプロジェクトの幅が極めて広く、現在まで150社以上にも投資し、それらをインキュベートしています。現段階まで資本金が8000億円ぐらいとなっています。 BTC BOXは日本でトップ三社の仮想通貨取引プラットフォームです。金融庁から発行された仮想通貨取引許可証を取得できています。このプラットフォームは最も早く金融庁の許可証を取得しました。

ブロックチェンイノベーションコンソーシアムはブロックチェーンアプリケーション開発に向けた国際協会で、その本部は日本に位置しています。同協会のメンバーにはブロックチェーンに関わる企業だけでなく、日本と国際IT、ビッグデータ、AIなどに取り組んでいる企業や、日本と海外で有名な製造業者、金融業界、保険業界などの機構も含んでいます。また同協会は政府と大学から支援を受けており、ブロックチェーンアプリケーションと産学研を結びつけることを目指しています。

デジタルキャッシュ基金会 (Cryptocurrency Foundation)はパナマに設立し、ブロックチェーンベースレイヤー技術型研究・開発プロジェクトに関わる起業会社を支援することをに努めており、高品質のデジタル資産プロジェクトの創業投資に注目しています。その傘下に中央デジタルキャッシュ取引所(Centre Cryptocurrency Exchange .Inc )を有しています。

GENKICELL(日本)の中核価値は健康に関するデータを価値化にすることです。GCLはブロックチェーンをベースレイヤー技術として使用し、複数のルートからの健康データをカバーし、データマークで個人の健康生活履歴を作成し、データの価値化を実現しています。家庭単位にデータの蓄積を実現し、健康産業の当事者にリンクし、授権範囲内に各当事者に高効率のデータ流通サービスを提供することで、本当のプログラミング可能な健康消費エコシステムを実現し、システム全体でチェーンのバリューを共有させる誘導しています。

WOOROM株式会社は、日本東京の六本木に位置しています。日本に有名なComputer Science and FINTECHコンサルティング会社です。この会社は人的資源、通信、人権メディア、自動車の販売業務などでお客様にプロのソリューションを提供しています。

森田総合法律事務所(日本)は日本で有名な法律事務所で、10数年以上にわたり、サービス分野、会社の法律事務、コンサルティングサービスに努めています。DITO日本に法律に関するコンサルティングサービスを提供しています。